スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥王星と夜のピクニック読了のこと。

☆昨日の夜驚いた事。
なんてこった!冥王星がなくなった!!
(注:正確には惑星から降格した)
グランドクロスどうすんのだ、色々なとこでネタに見るグランドクロス。
因みに、友人はこの件に関して、「セーラープルート失業」とコメントしていた(マニアック)
ついでにセーラーウラノスはオカマだったという話になった。
オカマというより両性具有だったので、セーラーより学ラン着た方が良かったのではと話題は転換し、だったらいっそ「美少年戦士学ランムーン」という作品にしたらという結論に達しそうに為ったが、私の「美少年とか美青年とかいう単語は大嫌いなので断固拒否する」という主張により全て却下された。
まぁ「男前戦士学ランムーン」なら譲歩しないでもない。
その後、自分達の会話が不毛だった上に大きく本題からずれていた事に気付くのには、時間はそう掛からなかった。


☆読んだ本
映画になる(なった?)というので、「夜のピクニック」にチャレンジ。
初チャレンジ恩田陸だ。チャレンジ一年生。

■平たく言いすぎなストーリー
学校行事のピクニックでくっちゃべってる内に、色々問題が解決します。


■感想
映画になっただけはあって、面白かった。
なんというか、割とドロドロしてるテーマを扱ってる部分もあるのに、読了感がさわやか。
多分登場人物が皆、自分の面倒をちゃんと見つつ、且つ他人を気遣えてるからだと思う。
それにしても、朝の8時から次の日の8時まで歩きっぱなしという学校行事って個人的には入学は絶対勘弁させて頂きたい。断固拒否させて頂く!(蒼)


「恩田陸って面白いんですねぇ」と知人に言ったところ、「いや~、作品によりますよ」と言われた。
そうなのか。
とりあえず次は「チョコレートコスモス」を読んでその真偽を確めるつもりではある。
 
 
 
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。