今更感想:劇場版ディケイド オールライダー対大ショッカー:その3

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー

さいごです。

■感想。~士返り咲きからEDまで~
こんな感想はゆってはいけない(改)-ディケ夏5
こんな感想はゆってはいけない(改)-ディケ夏6・鳴滝は結局、この映画では「士がショッカー頭領だと知ってて、ショッカーの陰謀を阻止しようとしていた彼なりの正義の人」みたいな描き方だったと受け取ってる。
・ガクト、その義手どっから!
・変身しなかったので、結局ガクト=ライダーマンの図式がいまいち伝わらなかった。
・階段で仲良くお酒を飲んだり駄洒落を言ったりと、夏美のじーちゃんと大杉漣のインパクトが凄すぎて、金色もみ太あげ男がすごい影薄い…というか、あのおじちゃんだれ?
・アクションシーンが本当にマジ最高です。超格好良いです。泣きそう。なんかやっぱヒーローは悪と戦ってくれないと格好良くない。
・地獄大使と死神博士の変身後の昭和デザインが涙を誘う…「ゲソー!」って…
・月影、アジトから超ワープしすぎ。
・モモタロスの残心が格好良すぎました。FFRはどう見てもサービスです。
Jでか!!
・結局、地の石が全ての原因で、士はシャドームーンに騙されて首領になったり世界を巡ったりしてましたが巡り始めて何でか行き成り記憶喪失になりましたというオチで良いのかな。




関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する