超電王感想:でも好きなんですよポジティブ編


「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」DC版

こんな感想はゆってはいけない(改)-超電4
こんな感想はゆってはいけない(改)-超電3
こんな感想はゆってはいけない(改)-超電6
・「あしたをつかめ」を事前に見たので、あーあれが伊藤さんなのねと面白。
・ユウは大きくなったら侑斗というより寧ろハナさんみたいな顔になりそうだと思いました。コハナはその逆でむしろ侑斗に似(以下略)
・クチヒコがすごい魔界転生!オカ(以下略)
・もののけ三人衆は大正時代で何をしてるの。そしてガルルさんは当時から最後の生き残りなの。ガルルさんは彼女居ない暦何十年だったの…
・大正時代のフルハウスがまるでパンダパパンダコパンダ。
・絶食期間が長かったので、胃に優しい重湯から。
・「にーちゃん!」とか「あばよ!」とか、お前は本当に悪役やる気あるのかと100万回。
・なんかもう未来に行く時のクチヒコとかゲルニュートがウキウキしてるのが、あ、もう、涙が…
・紙芝居に騙されるとか、ほんと涙が……
・オーナーが居なかったら、この映画は10分繰上げで味方側全滅で終了していました。
・最後のvsクチヒコがソードフォームじゃなくてモモタロスのみだったことが切ない。相手がクチヒコのみだから、一対一じゃないとヒーローじゃないのは当然で、だからクライマックスフォームじゃなかったのも納得できる。でも、最後に何故良太郎は一言も喋らなかったというか出て来なかったのだろう。これも薄々解る。あんな種族の生き残りかかってて奴等も生き残るのに必死で勝った方が正義だ的なやるせない戦いに子どもを巻き込んじゃダメでそんな重荷な戦いは大人がやれば良い事でそれはモモタロスだけの仕事でしか、あの映画の方向性では有り得なかった。でも、それを踏まえても良太郎も一緒に戦って欲しかった。だって今まで一緒にずっと戦ってきたんじゃん!なんでそこだけモモタロスだけが全部ひっかぶるのさー。DC版ではどうなってるのだろう。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する