たまたまチャンネルを回したら、メタルダーをやっていた。

最後の歌と予告編だけ、たまたま見ました。
今ファミリー劇場でやっているらしい超人機メタルダー。

懐かしい。
毎年入試ギリギリ時期には、我が地域のラジオ番組からこの番組のエンディングが流れていました。
何故だ。

それはともかく、
子供心にもメタルダーは強烈でした。
メタルダーは、倒した怪人に恋人(勿論怪人)がいたり、恋人がメタルダーに復讐に来たけど恋人の子どもを身ごもってる事が発覚して和解したり、あっというまに成人した息子(勿論怪人)が敵組織に騙されてメタルダーを襲ってきたけどやっぱり和解したり、これを飛び飛びに3話でやったりとか、斬新でした。

が、子供心になにより強烈に残ったのは、

メタルダーの変身前と変身後の身長がものすごく違うと、
メタルダー人間体の演技が子供心にも棒過ぎたでした。

メタルダーは、幾らヒーローで主人公でも、異形とヒロインはカップルになれないのがパターンなのだなぁと認識した作品です。
そして世間は相変わらず、プレデター×女主人公とか、タイラント×アリスとか、真ライダー×女研究員とか、異形カップルは大抵同じ末路です。
何故だ。

メタルダーの結末も、トップガンダーの結末が違っていたら、まだラストが寂しくなかったろうなと子供心に思いました。
その後アマゾンを見て、敵から寝返った相棒は死ぬのがパターンなんだと気付きました。


だからこそ、後にジャンパーソンでガンギブソンが死なないどころか何度死んでも生き返ってくる事に衝撃を受ける事となるのであった。

$こんな感想はゆってはいけない(改)-トップガーンだー
トップガンダーの実物が見たくなってきました……
こんど、何時放送してるか調べてみようかしらん。


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する