ヤッターマンなう。

現在ヤッターマンを視聴中。
ドロンジョ様の可愛さは異常。

しかし、知人のヤッターマン評価は以下の通りでした。
「下ネタばっかりやないかい」
だからって君、二倍速で見ちゃったって君。
うんまあ何というか悪ふざけが過ぎる部分もあるかもしれない。
でももとのヤッターマンだって大体あんな感じじゃないか!
…じゃないの?(実はちゃんと見たことが無い)

実写映画のヤッターマンは、
何かゆるーい会話の仕方とか、
笑わせる気というより故意に引かせる気がある的ギャグや、
無駄に綺麗な映像の色合い(彩度)や、
気合入ってる割にゆるいテンポのアクションシーンとか、
時に子ども番組だという事を失念しているが如くの容赦ないエログロナンセンスとか、
獅子が我が子を谷底へ突き落とすが如くに厳しい教育的指導とか、
どんな映画でもやたら入ってる気合とか、
どんなバカやってても根底は結構誠実とか、
そういう三池監督のノリを、割と万人向けに造ってあって、人に安心してお勧めできる良い映画だと思うのです。
(※ほめてます)

でも、映像はほんと綺麗だと思うの。色合いとか。


そういえば、ゼブラーマン2がもうすぐ公開ですが。
試写会、応募したけど外れてしまいましたが。
前評判がアレだという噂ですが。
どうなんだろう。ドキドキ。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する